PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

参鶏湯(サムゲタン)のレシピ




【材料】
 鶏丸ごと1羽
 もち米1合
 なつめ4個ぐらい
 にんにく5~6片
 しょうが1片
 塩・こしょう
(お好みで)わけぎ 錦糸卵

【作り方】
1. 鶏肉はお腹の辺りに切れ目を入れて流水で中をきれいに洗う。
2. もち米を洗って水に30~1時間程浸してふやかしておく。
3. 1の鶏肉のお腹に2のもち米とにんにく3片くらい、なつめ2個くらいと水を入れて鶏の足を交差させて中身が出ないようにたこ糸などで縛る。
4. 鍋に3の鶏肉としょうが・残りのにんにくとなつめを入れ、さらに水をひたひたになるくれいに注いだら強火にかける。
5. 沸騰してきたら中弱火にして鶏肉がやわらかくなり水が白く濁ってくるまでじっくり煮込む。
6.最後にわけぎと錦糸卵をお好みでのせる。

韓国のお店などで食べると朝鮮人参や栗などが入っていますが、日本にいるとなかなか手に入り辛いのでこむ家で作る場合は大抵↑のようなレシピです。食べるときは鶏肉を大皿にのせてみんなで取り分けて食べます。煮込みの段階で味付けをしていないので食べるときにお好みで塩・こしょうをつけて。最後に残ったスープに別炊き(または煮込むときにスープで一緒に炊いたもの)のもち米を入れて雑炊のようにしていただきます。
圧力鍋を使うと柔らかくふっくらとしたサムゲタンになるようですが、こむ家にはないので、普段ごはん炊きに使っている大黒セリオンごはん鍋4合炊で作っています。熱効率が良いので美味しく早く出来上がりますし、そのまま食卓に出しても『それっぽい』雰囲気なので本当にオススメですよ




にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

関連記事

| スープ・鍋系 | 01:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。