PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国風じゃがいも鍋『カムジャタン』のレシピ





【材料】(3人分)
 豚の背骨 一匹分(約700g~1kgくらい)
 ジャガイモ 中4個
 えごまの葉 10枚~20枚
 春菊 1束
 赤唐辛子 2本 
 長ねぎ 2本
 しょうが 1片
 米のとぎ汁 1.5カップ
 水 
 
{タテギ(スープの素)} 
A:にんにく 10片くらい
 生姜 1片
 しょうゆ 小さじ2
 すりごま 大さじ1と1/2
 粉唐辛子粉 大さじ5
 ごま油 大さじ2と1/2

B:テンジャン(又は味噌)小さじ1と1/2
 塩 大さじ1と1/2
 こしょう

【作り方】
1. 豚の背骨はきれいに洗って大きな鍋などに水を張り一晩漬けて余計な血を抜いておく。
2. 1の水を捨て新しい水を沸騰させて豚の背骨を入れ、5分~10分くらい煮たらゆでこぼす。
3. 鍋に豚の背骨を戻してひたひたくらいに水を入れ、ぶつ切りにした長ねぎ1本と包丁の背でつぶしたしょうが1片を入れて1時間以上煮込む。(しょうがは皮ごとつぶして入れた方が豚の臭みが残らない)
4. タテギを作る。Aのにんにくとしょうがをみじん切りにする。フライパンにごま油を入れて中弱火で熱し、Aを入れて焦がさないように木べらなどで混ぜながらトロリとしてくるまで炒める。
5. 3に4のタテギAとB、米のとぎ汁を加えてさらに1時間以上煮込む。
6.じゃがいもは別鍋でやっと竹串が通るくらいの硬さに蒸しておく。(又はゆでるor電子レンジでチンしておく)
7.最後にじゃがいも、えごまの葉、春菊、赤唐辛子、残りの長ねぎを加えてさっと火を通したら出来上がり。

豚の背骨を使っていますが、元々脂肪分が少ないうえに1度ゆでこぼしているのでとってもヘルシーな鍋です。豚の背骨はお肉屋さんで入手できると思います。ちなみにこむ家の近所のお肉屋さんでは背骨1匹分(700gちょっと)でなんと170円です!ところがカムジャタン用に処理されている韓国の豚の背骨と違って、日本の場合は捨てる部分なので食べるお肉はあまりついていません。背骨は食べるというよりは『ダシをとるため』と半分割り切って作った方が良いと思います。もしお肉をがっつりいただくのであればスペアリブなどで代用されても良いかもしれません。スペアリブを使ってのカムジャタンのレシピはコチラ
使うじゃがいもは水分の多い新じゃがより、少し古くなって水分の少ない物を使った方が味がよく凍みてほくほくした食感が楽しめます。
味付けのタテギはお好みで調節しながら加えてください。





にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

関連記事

| おかず系 | 01:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。