PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いちご天然酵母のあんまんレシピ




今年の冬は苺が安く出回っています。季節外れですがいちごで酵母を起こしてあんまんを作ってみました。


【材料】(10個分)
A:強力粉(前種用)・・・80g
 いちご酵母エキス・・・80g

B:薄力粉・・・170g
 砂糖・・・大さじ1
 塩・・・一つまみ
 サラダ油・・・大さじ1
 生いちご(中くらい)・・・3個

 あんこ・・・適量


【作り方】
1. 前種を作る。Aをボールに入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜ(練らないように)ラップをして発酵させる。

2. 1の前種がホットケーキを焼いている時のように、プツプツと泡が立って2~3倍に膨らんだら、サラダ油以外のBを入れて10分くらいこねる。表面がつるんとしてつやが出てきたら、サラダ油を入れて馴染ませるようにこねる。

3. 2にラップをかぶせて生地が2倍くらいになるまで一次発酵させる。生地を発酵させている間にあんこを1個分大さじ1くらいづつにまるめて準備しておく。

4. 生地の発酵が完了したら、30cmくらいの太さの棒状にのばして包丁で10等分する。切り目に少量の打ち粉をして、手のひらで軽く押しつぶす。この押しつぶした生地の周りを麺棒で薄くのばす。後ほどあんこをのせるので、蒸した時に切れてしまわないよう真ん中はのばさないようにする。

5. 利き手と逆の手のひらに生地を乗せ、生地の真ん中の盛り上がっている部分にあんこをのせる。利き手の親指と人差し指でひだをとりながらあんこを包んでいく。

6.出来上がった5に乾燥しないようにふたをして10分~15分くらい二次発酵させる。発酵完了の目安は生地がやや膨らんでひだがゆるんでいるくらい。

7.蒸気の上がった蒸し器に6を並べて10分弱くらい蒸して出来上がり。(時間は目安です。ご自宅の蒸し器とご相談くださいね)一口ほおばると優しい苺の香りが口にふんわりとと広がります♪



天然酵母に関する時間はその環境によって大きく差が出るので割愛しました。参考までに、、、↑の前種は前日寝る前(深夜12時くらい)に仕込んで翌朝8時頃にボールをのぞいたら出来上がっていました。一次発酵は1時間弱でボールいっぱいに膨らみました。ちなみに韓国は冬はオンドルという床暖房の為、部屋はとても暖かい(暑い)です。こむ家は室温25℃~28度、湿度は40%前後になっています。
生地に生いちごを練りこんだため、やや水分過多になった気がします。次回はドライいちごで挑戦してみたいと思います。




にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ

関連記事

| お菓子系 | 14:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。