PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

栗の渋皮煮のレシピ




近所の大型スーパーで栗が安く売っていたので思わず買ってしまいました。私の大好きな『レミーマルタン』を入れてちょっぴり贅沢な渋皮煮を作ってみました。

【材料】(?人分)
 栗(鬼皮つきで)・・・1kg

A:黒砂糖(無ければ白砂糖でも)・・・600g
 水・・・800ml
 洋酒(お好みで)・・・適量

 重曹・・・大さじ1くらい
 水(茹でこぼし用)・・・適量
 
 
 【作り方】
1. 栗を洗ってボールなどの容器に入れ熱湯をそそいでしばらく置いておく。鬼皮がやわらかくなったら、栗のおしりの部分から包丁を入れて渋皮を傷つけないように丁寧にむく。

2. 1の栗を鍋に入れひたひたになるくらいに水を注ぎ、重曹大さじ1くらいを入れたら強火にかける。

3. 沸騰してアクが出始めたら弱火にし、お湯が真っ黒になるくらいまで5分くらい煮る。

4. 3の煮汁を捨てて栗の表面を流水でやさしく洗いながら固い皮(筋)を取り除く。全部きれいに洗い終えたら再び2の作業を繰り返す。湯の表面にアクが浮いてこなくなり水に透明度が出てくるまで5回ほどこの作業を繰り返す。

5. 3・4のアク抜き作業を終えたら、茹で汁だけを捨てる。ここへAを入れて中火にかける。グラニュー糖が溶けたら弱火にしてシロップ状になるまで数分煮る。(栗が割れてしまうのを防ぐ為、あまりかき混ぜない。)

6.液体がシロップ状になったら、栗だけを取り出しシロップだけをさらに弱火で煮詰める。(この時にお好みで洋酒を入れる)ややとろみがついたら火を止めて、取り出しておいた栗を再び鍋に戻して一晩おいて出来上がり♪



渋皮煮は色々な作り方があるようですが、↑は私の母が作っていたレシピです。母は水ではなくいつも赤ワインで煮ていましたが、私はシロップを煮詰める作業の最後の過程で、レーズンを漬け込んでいるレミーマルタンを大さじ2弱加えました。なので残ったシロップもとても良い香りでおいしいです♪このシロップはアイスにかけたり、パンケーキにかけたりして使えそうですね。
より『照りとつや』を出すために黒砂糖を使いました。




にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ


関連記事

| お菓子系 | 01:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。