PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

作り置きしておくと便利なゆで豚・煮豚のレシピ





作り置きしておくととても便利な煮豚。回鍋肉にしたり、チャーシュー風に味付けしてラーメンのトッピングにしたりサンドイッチにはさんだりと後で色々な料理に使えるよう、味付けはほとんどしません。少量で作るよりもある程度の量で作らないとおいしくないですし、何よりもガス代がもったいない!韓国のお肉売り場で買う時は、『スユク(水肉)用』であることを言うと脂身のある部分を選んでオマケのヤンニョムタレをつけてくれます♪


【材料】(作りやすい分量)

 豚ブロック肉(バラ肉・肩肉・スネ肉などお好みの部位で)…1.2kg
 長ねぎ…2本
 にんにく…3かけ
 生姜…親指大1かけ
 粒こしょう…小さじ1
 酒…80ml
 水



【作り方】
1. 豚肉を煮崩れしないように形よくまとめてたこ糸などで縛る。


ブロック肉の縛り方はコチラが参考になります。




2.大きな鍋に1の肉を入れ、かぶるくらいの水を入れて沸騰させる。沸騰したら中火にし5分くらい煮て写真のように灰汁が出たら茹でこぼし、肉についた灰汁を流水できれいに洗い流す。


1度茹でこぼして肉についた灰汁を流水できれいに洗い流します。



3:2の肉を再び鍋に戻しいれ、ねぎ・にんにく・生姜・粒こしょうを加えかぶくるくらいの水を入れて強火にかける。。沸騰したら弱火に落として肉が柔らかくなるまで蓋をして1時間くらい煮る。(途中、灰汁が気になるようであればとる)




4:肉が柔らかくなったら酒を加えてさらに20分くらい弱火で煮て火を止める。




5:冷めたら浮いている脂を取り除いて切り分ける。食べる時は電子レンジで温めても良いですが、ひと手間かけて蒸した方がふっくらプリプリでおいしいです♪




長男君の手がにょきっと横から出てきた。こんな風に食べれば韓国風『ポッサム』




個人的にはモクサル(肩肉)が好みなのですが、↑は2グン(1.2kg)で10000ウォンで安く売っていたティッタリ(後すね肉)を使っています。やはり値段の違いに比例してティッタリは大味
残った茹で汁は漉してラーメンのスープなどに使えますが、冷蔵保存で3日くらいです。それ以上になると豚特有のにおいが出てきます。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

関連記事

| おかず系 | 11:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。