PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オーガニック三昧♪梅ジュース&梅醤油を仕込む






義母からオーガニック栽培の青梅を20kgももらいました。友人に少しおすそ分けしてもなかなか減らなくてどうしたら良いかと悩んでいたのだけれど、仲良しの韓国人のママ友さんが「うちにでっかいハンアリ(コチュジャンやテンジャンを漬けるつぼ)があるから、一緒に梅ジュースにしようよ!」と言うことになり共同作業でやっとこさ全部処理しました。(↑の写真はこむ家の瓶)
これだけあるとそれだけものすごい量の砂糖も必要になるわけだけれど、その韓国人のママ友が「砂糖は私が用意するね♪」と言い、なんと13kgもオーガニックシュガーを買ってきました。




【青梅のジュース材料】
 小粒青梅…13kg
 マスコバド黒砂糖…4kg
 グラニュー糖…9kg 


【青醤油の材料】
 小粒青梅…250g
 醤油…500ml




【青梅ジュースの作り方】
1. 容器はよく洗って乾燥させておく。青梅はヘソを竹串などで傷つけないようにつついて取り、きれいに洗って2~3時間水につけてアクを抜く。アクが抜けたら水気がしっかり飛ぶまで1時間くらい乾燥させる。

2.容器に梅→砂糖→梅→砂糖の順に交互に容器の7分目くらいまで入れていく。

3:マスコバド黒砂糖は6ヶ月、グラニュー糖の方は3ヵ月後から飲めるようになる。



【青醤油の作り方】
1. 容器はよく洗って乾燥させておく。青梅はヘソを竹串などで傷つけないようにつついて取り、きれいに洗って2~3時間水につけてアクを抜き、水からあげて梅についている水分をふき取って一晩冷凍させる。

2.容器に凍ったままの梅を入れ醤油を注いで出来上がり♪1~2週間後くらいから梅のエキスと香りが楽しめるようになる。




氷砂糖の入手が難しい韓国。私は去年、マート(大型スーパー)に売っているベクソルのブラウンシュガーで漬けましたがそれなりにおいしかったです。どうしても氷砂糖でと言う場合は、コストはものすごくかかりますが日本食材店で買うかアジア食材店に行けば中国からの輸入品のものがあります。

マスコバド黒砂糖はフィリピンのネグロス島で昔ながらの『マスコバド』と言う製法で作られる黒砂糖です。(↓写真右の緑のパッケージ)このお砂糖、とってもおいしいです♪日本のスーパーで売られている沖縄産の黒砂糖に比べて味がしつこくない割りに、濃厚な香りがします。調べてみたところ日本でもフェア・トレードで取り扱っているお店があるようです。パッケージは違いますが中身はきっと同じでしょう…。↓は韓国人のママ友さんが韓国生協で購入してきたものです。多分マートでは取り扱いがないと思います。









梅醤油はエキスが早く出るように梅を冷凍させてから醤油に漬けました。(早く使いたいので)もっと早くもっとエキスの出を良くするのであれば、梅にポツポツと楊枝等で穴をあけても良いかもしれません。使ったお醤油は『チョロンマウル』のものです。(リンク先音がでます。)





5日が経過して醤油がやや茶色っぽくなりました




にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

関連記事

| 保存食 | 12:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。