2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

被災したアレルギー患者の方への支援をお願いします

毎日報道される地震災害の映像を見て、隣の国に住んでいる私に何ができるのか必死に考えた1週間でした。


こちらで見られるNHKワールドプレミアムでは、糖尿病や透析が必要な各種持病をお持ちの方や妊婦さんなどの被災者の中でも弱者と言われる方々への支援の呼びかけはされています。しかし、いや悲しいことにやはりと言うべきか、アレルギー疾患のある患者への支援は呼びかけはされておりません。NPO法人アレルギー支援ネットワーク様の活動報告の中には、「国は各県・市町村に支援物資を送るよう指示していることが分かりましたが、支援物資の中にはアレルギー用のミルクやアルファ米は対象となっていないことも分かりました。」という記述がありました。ですから今私ができること、それは食アレっ子の母として「被災者の中には、時には命にもかかわるようなアレルギー疾患を持っている方が助けを求めている!」ということを伝えることだと考えました。。


先週末、何かお手伝いできることがないかと、NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク様に電話をし、実際に支援活動に携わっておられる方から現状を伺いました。1週間自宅へ戻らず対応されているスタッフの方々、大変お疲れの中でも詳しく今の被災地の様子等をお話してくださいまして本当にありがとうございました。『NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク』では支援活動の詳しい経過報告とともに、寄付・ボランティアを募集されています。先週アップした記事の中の『NPO法人アレルギー支援ネットワーク』様の中でも活動報告経過がアップされています。


食アレっ子の被災者を助けてください!(以下の団体は海外からでもGiveOneを通じて寄付が可能です。)
●NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
●NPO法人アレルギー支援ネットワーク


その他、MSNより支援団体のサイトのまとめです。
●【東日本大震災 募金・支援サイト一覧 】



スポンサーサイト

| その他徒然 | 11:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食物アレルギーっ子の為の食糧支援

今回の東北地方太平洋沖地震にて被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

こむ家の長男君は2年くらい前までは、小麦・卵・ミルク・大豆etcが食べられないマルチ食物アレルギーでした。今ではこれらのすべてを食べられるようにはなりましたが、当時はそれはそれは本当に大変で、日本に住んでいた頃は、今回のような災害に備えてアレルギー対応食を備蓄していました。そんなこともあって、大きな災害が起きる度に「避難所の食アレっ子は大丈夫だろうか?」と心配でたまらなくなります。


水や簡単に食べられるインスタント食品・レトルト食品などは各方面から支援の準備がされているでしょう。しかしながら、アレルギー対応食となるとどうでしょうか?恥ずかしながら、私自身も我が子にアレルギーが無かったら目が向いていないでしょう。食物アレルギー持ちの子は、(長男君がそうだったのですが)アトピー持ちであったり体が弱くて一度体調を崩すと長引くなど体の弱い子も少なくありません。この大災害で被災地では、我が長男君のような食アレっ子が支援を待っているに違いないと思い、微力ながら何か支援のお手伝いが出来ないかと今回こうして記事をアップしました。


食物アレルギーはとてもデリケートな問題です。一口に『アレルギー対応粉ミルク』と言っても様々な種類があり、体質と程度によっては合わないことがあります。除去・代替食と言っても、我が家の長男君のように何種類もの食材に反応する場合には知識の無い方が選ぶのはとても難しいですし、間違って口にするとショック症状を引き起こすこともあります。ですので、もし今このブログを読んで食物アレルギーの食料支援を検討してくださっている方には、適切な物が必要としている所へ確実に届くよう、食物アレルギー問題に真剣に取り組んでいる団体を通じて支援していただきたいと思います。


食物アレルギー問題に取り組んでいらっしゃる団体はいくつかありますが、私が寄付させていただいた団体はNPO法人アレルギー支援ネットワークです。海外からですとGiveOneを通じてクレジットカードで寄付金の送付が可能です。



▼ NPO法人アレルギー支援ネットワーク様より ▼
地震被害にあったアレルギーっ子で、
アレルギー対応ミルク、食糧などの物資が必要な方連絡ください。

連絡先
メール info@alle-net.com
電話  052-485-5208
・NPO認定アレルギー支援ネットワーク
・東海連絡協議会



大きな余震が続き二次災害等も心配です。現在安否の確認がとれていない方々の無事を心より祈っております。


| その他徒然 | 23:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国で初めてのお引越しとキッチンリフォーム


明日こむ家はお引越しします。荷造りからすべておまかせできる『ポジャンイサ』にお願いしたので、私はな~んにもしません。いや、これでも1ヶ月程かけて一応ちょこちょこと片付けはしてきたのですよ

中古のアパート(日本で言うところのマンションです)を買ったので、ほぼフルリフォームしました。韓国では出て行く住人がきれいに掃除をしていくということはまずありません。そんな訳で、キッチンもひどかった簡単に曲がるはずのない食器洗浄機の取っ手がグニャっと曲がっていたり、レンジフードは恐ろしいほど油まみれだし


古くても狭くても愛しきわが城。↓はリフォーム最中の新こむ家のキッチンです。引越しが落ち着いたら、リフォーム後の写真をアップします♪





| その他徒然 | 12:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桜の型で春らしく♪韓国伝統茶スジョンガのレシピ









消化促進の効果があると言われるスジョンガは、干し柿で作られるのが一般的ですが梨のスジョンガも美味。シナモン・生姜・梨のエキスがたっぷりなので喉風邪をひいた時にも良いですね♪
普通は桂皮で作りますが、桂皮で作るとピリリとした刺激が長男君には強すぎるらしく、こむ家ではシナモンスティックで作ることが多くなりました。桂皮よりはシナモンスティックの方が料理の他にお菓子にも使えて用途が広いですし、アジア食材店に行くととても香りの良いスリランカからの輸入品が安く入手可能なのです。
↑は梨を春らしく桜の型で抜きました。ダイソーで売っている小さな野菜の抜き型です。





【材料】(作りやすい分量)

 梨…1個
 シナモンスティック(又は桂皮)・・・10g
 生姜(2~3mmの厚さにスライス)…10g
 砂糖…90g
 水…1L
 粒胡椒…適量  

(トッピング)
 なつめ
 松の実



【作り方】
1.梨は皮をむいて5mm~7mmくらいの厚さにスライスしてお好みの型で抜き、中央に箸の先で穴を開けて粒胡椒を詰める。(型抜きした後の残った梨は後で使うので捨てない)

2.鍋にシナモンスティック・生姜・水を入れて強火にかける。沸騰したら弱めの中火に落として型抜きした後の残りの梨を入れて10分くらい煮る。

3:ざるにふきんを敷いて2を漉す。冷めたらシナモンスティック・生姜を取り除き、梨のエキスを搾り取る。

4.3を鍋に戻し入れて再度火にかける。沸騰したら砂糖を入れ、砂糖が全部溶けたら1で型抜きした梨を入れて火を止めて出来上がり。いただく時にお好みでなつめや松の実をあしらう。





砂糖の量は梨の甘みとお好みで調整してください。1度に消費しきれない分は、煮出したエキスだけをペットボトルに移しかえて冷凍保存が出来ます。飲む時は自然解凍し、お好みで梨や干し柿を入れてどうぞ♪そのまま放置しておくと、このように酵母が発生してきます

※『桂皮』と『シナモン』について
桂皮は樹皮をはぎ取って乾燥させた物。シナモンは樹皮の表側のコルク層を取って何枚か重ねて巻いたもの。桂皮にはピリリとした辛味がありシナモンにはほとんどありませんが、どちらでも同じような効能効果(体を温める作用、発汗・発散作用、健胃作用)が得られると思います。




ポチっと応援してくださるとこむが喜びます♪


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


| 飲み物系 | 00:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。